HOME > 物件を売る > 住まいの買い替え

住まいの買い替え

ライフステージやご家族構成の変化に合わせて、お住まいの買い替え・住み替えを検討されている方へ。買い替えするなら無駄な出費を抑えるのも大切なポイントです。

資金計画とタイミング

マンションの買い替えでは、売り・買いのタイミングが資金計画に大きな影響を与えることをご存知ですか。
マンションの売却と購入がほぼ同時期に成立することが最もスムーズですが、そういった幸運なケースはなかなかありません。
通常、売却代金を購入マンションの資金として利用することが多いので、売却が先(=売り先行)か、 購入が先(=買い先行)かで、その後の資金の流れは大きく変化します。
  資金計画とタイミング

「売り先行」か「買い先行」か

売り先行
売り先行
所有しているマンションの売却を先に行います。
買い先行
買い先行
マンションの購入を先に行います。
  メリット デメリット
売り先行
  • 購入可能なマンションの価格がある程度明確になる。
  • 希望のマンションがなかなか購入できない場合、仮住まい生活が長期化してしまう。
買い先行

リスクが少ないのは、「売り先行」の買い替え

  • 引っ越しが1回で済む。
  • なかなか売れなかった場合、予定価格よりも低い価格でも手離さざるを得ない。
  • 資産が一時的に目減りしてしまう。
  • 住宅ローンが、売り物件と新しく購入する物件で二重に発生してしまう。

無駄な出費とは・・・?

二重ローン
二重ローン
先に新しいマンションへ移り住んだ場合。もともと住んでいたマンションが売れるまで、2重にローンが生じてしまいます。
二重引っ越し
二重引っ越し
先に物件を売った場合には、新しい家を探す間は仮の住まいに。2回引越しが生じるのも費用が倍かかるので避けたい事柄です。
右矢印   無駄な出費は売買を当社にお任せして頂ければ解決します。
2重ローンも2重引越しも、買うタイミングと売るタイミングをうまくあわせてスケジュール調整することで解消できます。
少しでも高く売却するのと、なるべく出費を抑えるのは同じこと。この出費を抑えるだけでも、資金の節約になります。
  • TEL:092-791-3131
  • Webからお問い合わせ

STORY
マンション購入者のご自宅へ訪問
中古リノベで理想の暮らしを実現できました。ぜひ購入する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。
Webからお問い合わせ