HOME > コラム > 雰囲気を変える ”灯り” のこと

『雰囲気を変える ”灯り” のこと』

light1.jpg

 

 

お家の照明器具はどんなものを使っていますか?

一般的に多いのは、お部屋の真ん中に照明器具をひとつ取り付けている感じではないでしょうか。

では、点いている灯りの色は何色ですか?

 

少し前までは、必要な場所に必要な明るさを確保できればよいという考え方でしたが、住環境や暮らし方が多様化してきた昨今では、「 明り = 灯り 」 として、点いている灯りの色を楽しむ傾向になってきました。

お部屋で本を読んだり字を書いたり・・・という実用的なことをする場合などは、やっぱり昼間の太陽光のようにパッとお部屋を明るくしてくれる 昼光色 がよいですね。

夜、ゆっくりとした時間を過ごすには強すぎる昼光色の明りを 電球色 というオレンジ色の灯りに変えるだけでも空間の見え方まで変わってきますし、気持ちもよりリラックスできます。

 

  light2.jpg
light3.jpg  
最近では、ひとつの照明器具に調光機能がついていて、暮らしのシーンによって灯りの色を調整できる便利なものが販売されています。

器具の買い替え時期に、検討してみるのもよいかも。

また、器具を買い替えるまでもなく気軽に取り入れられるのは間接照明です。

主 照明器具は今までどおり昼光色でも、スタンドやスポットライトなどを数か所に置いて、リラックスタイムの時間には主照明を消し、間接照明だけを点けるとお 部屋に陰影もできて雰囲気がグッとよくなります。壁に向けて照らしたり、お気に入りのアートを照らしたり、と遊びを取り入れても空間が面白くなりますよ。

生活するだけの日常空間が、ちょっとだけ手間を加えてあげると暮らし方にも深みができてくると思います。

 

子供のころ、夕暮れの外を歩いていて家の電気が灯り出す時間が好きでした。

窓からこぼれる暖かなオレンジ色の灯り(白熱灯)は、特に幸せな空間を連想させてくれました。

それは大人になっても変わらず、今も電球色のオレンジ色が好きです。

LEDランプも比較的お手頃に購入できるようになりましたので、間接照明器具の電球はぜひ長寿命のLEDをおススメします。

さっそく今日から、いつものお部屋の雰囲気を変えてみませんか?

コラム一覧へ戻る

STORY
マンション購入者のご自宅へ訪問
中古リノベで理想の暮らしを実現できました。ぜひ購入する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。
Webからお問い合わせ