HOME > 損をしないマンションの選び方 > リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォーム。
どちらも古い建物を刷新するイメージがありますが、違いはどんなところにあるのでしょうか?
このページでは、それぞれのメリット・デメリットに着目しながら解説します。

リノベーション
リノベーションマンション
既存の建物に対して、リフォームよりも大規模な改修工事を行い、骨格(構造・スケルトン)のみを残して、用途や機能を変更し、建物に新たな付加価値を付けること。
リフォーム
中古マンション
築年数の古い建物に対し、原状回復を基本とした修復のために行う工事のこと。 壁のクロスの張り替えや、キッチンの取替えなど、比較的小規模な工事であることが多い。
  メリット デメリット
リノベーション
マンション
  • 希望の間取り・機能により近い住まいが手に入る
  • 骨格を確認できるので、安全性が高い
  • エリアや立地の選択肢が広がる
  • 物件が決まってから引っ越しまでに時間がかかる
  • ローンの金利が高い
リフォーム
マンション
  • 工事期間が短くて済む
  • 住みながらの工事が可能
  • 予算に合わせてリフォーム内容を選択できる
  • 小規模工事なので、空間設計の自由度が低い
  • 骨格に不具合があっても見つかりにくい
  リノベーションとリフォームの違いって?   リノベーションにかかる費用は?  
  • TEL:092-791-3131
  • Webからお問い合わせ

STORY
マンション購入者のご自宅へ訪問
中古リノベで理想の暮らしを実現できました。ぜひ購入する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。
Webからお問い合わせ